小田内科クリニック,広島,安佐北区,可部,内科,糖尿病,甲状腺,内分泌内科,おだ内科

当院について

院長挨拶

平成22年9月いっぱいで広島市立安佐市民病院を退職し、平成22年11月1日に可部の地に開業いたしました。
安佐市民病院では健康管理部主任部長、内科部長を拝命し、代謝内分泌科長として診療に当たっていました。
今後は、糖尿病、脂質異常症、内分泌疾患(甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症や他のホルモンの異常をきたす疾患など)等、専門疾患の診療を中心に、地域医療に貢献していきたいと思っています。

院長 小田 清

 

経歴

昭和61年3月
広島大学医学部医学科卒業
昭和61年6月
広島大学医学部付属病院内科研修医
昭和63年3月
国立療養所柳井病院内科医師
平成2年4月
広島大学医学部医学研究科大学院入学
平成5年4月
社会保険広島市民病院内科医師、その後副部長
平成12年4月
中国労災病院代謝内分泌科部長
平成15年4月
広島市立安佐市民病院内科部長(代謝内分泌科科長)
平成18年4月
同上健康管理部主任部長、内科(代謝内分泌科)部長

資格

医学博士
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本医師会認定産業医

当院の紹介

  •  



更新日:2011-10-20